タミヤの自動車模型「ミニ四駆」がブーム再燃の兆しを見せている。過去にミニ四駆で遊んだことのある20~30代の関心を、もう一度掘り起こす。そのための手段として、ターゲット層が駆使するソーシャルメディアをマーケティングに活用している。タミヤがソーシャルメディアマーケティングで力を注ぐのが、「YouTube」や「Ustream」といった動画配信サービスだ。