ファンケルは1月18日、会社ロゴやスキンケア製品など全面的なブランド刷新を発表した。一般消費者への認知度を高めるため、同社にとってこれまでで最大規模の広告を投下し、またソーシャルメディアの活用によるブランドコミュニケーション戦略を打ち立てる。同時に、EC(電子商取引)サイト、直営店舗、カタログ通販をシームレスにつなぐ販売戦略も発表し、2012年度の売上高をスキンケア製品で前年度比20%増、化粧品全体では10%増を目指す。