どのようなコミュニケーションをすれば、消費者から積極的な反応を引き出し、ロイヤルティを高められるのか。ソーシャルメディア活用において、いまだ基本的な部分で悩む企業が少なくない。アサヒビールの取り組みは、そうした企業に示唆を与える。広告宣伝費で国内企業の十指に入る同社は、実のところFacebook活用でも相当の巧者だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>