テレビCMなどを中心としたブランディングに注力してきた協和発酵キリンが、2011年はデジタルマーケティングに広告宣伝の全予算を注いだ。来年以降に事業の柱となる可能性を持つ「抗体医薬」の特性をより詳しく知ってもらうには、数十秒のテレビCMよりもデジタルが向いている。当初のそんな仮説を裏付ける数字も整いつつあるという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>