O2Oマーケティングにおいて、人を動かす要素の3つ目は「ゲーム性」だ。キャンペーンにゲーム性を持たせることも有用だが、ゲーム系SNSの利用が急伸する今はゲームと連動した特典を提供することで直接的な効果を得られやすい。その究極の事例ともいえるのが、位置情報連動ゲームの「コロニーな生活」だ。