O2O(オンライン to オフライン)関連消費の市場規模はざっと22兆円、EC市場の3倍だ。巨大がゆえ、何でもかんでもO2Oというキーワードでひと括りにする風潮が強まっている。ソーシャル、位置情報、ゲーム性をきちんと盛り込んだ使い方がホンモノだ。前編ではソーシャルメディア連携事例を取り上げる。