「10年後の売上高の2割、3割、または4割ぐらいを占めるようにしたい」。ローソンの新浪剛史社長が今年6月の記者会見でこうぶち上げたEC(電子商取引)サイト「ロッピー」が、急ピッチの拡充を続けている。ECに注力するローソンの狙いは、事業の柱に育てるだけでなく、幅広い商品を提供して、その購買履歴や閲覧動向を把握することで顧客ニーズを精緻に捉えることにある。