東日本旅客鉄道は10月4日から、スマートフォン向けの無線ネット接続サービス「山手線トレインネット」の試験提供を山手線で始めた。対象車両は1編成のみで、約1カ月の運行となる。今回の試験を通じて利用者の動向を分析し、実用化へとつなげたい考えだ。