出荷金額などで前年割れの状況にあるデジカメ業界にあって、シェア下位に甘んじるリコーも事業環境は厳しい。同社が見つけた光明の1つが、今夏開催したソーシャルメディア連動型の「みんなのマクロフォトコンテスト」だ。コンテストサイトへの集客にTwitterが大きく貢献し、応募件数は同社の通常のコンテストの2倍以上となった。ソーシャルメディアを活用した認知向上策としての可能性を見いだしたといえよう。