国内市場の縮小を背景に、既存販路に遠慮してきた大手メーカーがEC(電子商取引)参入になだれを打つ。EC専業など先発陣営を脅かす「次世代EC」とも言える動きが活発だ。後編ではリピート利用の促進、価格競争との決別の課題へ立ち向かう企業事例を取り上げる。