短期間に話題を広げるバイラルムービー、消費者との長期にわたる関係構築を実現するソーシャルメディア。アディダスジャパンはこれらを組み合わせて、新たなブランド体験手法を構築しようとしている。背景には「キャンペーンのたびにファンを集めて、終わると関係が切れる。こうしたマーケティングから脱却しなければいけない」という危機意識がある。