サントリーホールディングスが、「mixiページ」のスタートを受けて自社ページを開設したのは、Webを介して若年層へアプローチするのが狙いだ。自社サイトを理由するのは30~40歳代が中心の同社にとって、20代の利用者が過半のmixiの商用利用解禁は、渡りに船と言えそうだ。