キヤノンは7月、企業ブランディングを目的とした動画配信サイト「Canon Premium Library」を開設した。動画配信であれば、「YouTube」などにチャンネルを開設した方が低コストで、より多くの視聴者を集める可能性がある。実際そうした企業もあるが、同社は自社サイト内での運営にこだわった。その背景には「コアブランディング」という、同社が重視するブランディング戦略がある。