季節に合わせたセールや、オープン10周年といった節目のイベントで展開するTwitterアカウントは終わった後の扱いが悩ましい。たくさんついたフォロワーを自ら葬り去るのは忍びない。放置しておくのも気にかかる。そんな悩みを抱えているTwitter担当者にとって、1つのお手本になるのが、そごう・西武のTwitter運用だ。