長期間の検討が前提となる住宅購入。不動産仲介各社は、見込み客が検討中の物件を自分で管理できるマイページサービスを提供している。機能はどこも似たり寄ったりだが、東急リバブルは昨年12月に「Myリバブル」機能を刷新して、新規会員登録の増加ペースを倍増させた。カギは、見込み客視点に基づいて改善したことだった。