自社のWebサイトの充実ぶりで定評のあるホンダが、いよいよFacebook、Twitterの公式アカウント、およびYouTube、Ustreamの公式チャンネルを開設し、ソーシャルメディア活用に大きく踏み出した。スタートしたのは、奇しくも“あの日”。発信する情報を即座に切り替え、利用者からの信頼獲得につながった。