野村証券が募集していた「東日本復興支援債券ファンド1105」(設定は野村アセットマネジメント)が約518億円を集め、今年の新規投信の設定額で3位に躍り出た。復興支援をうたいつつ、“実利”にも結びつくケースとして金融界だけでなく、話題を呼んでいる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>