トヨタ自動車は昨年12月に発売した新型コンパクトカー「ヴィッツ」のプロモーションに、国内では珍しいARG(代替現実ゲーム)の手法を採用した。ARGはある物語の世界観とストーリーの下にマスメディア、インターネット、リアルな社会を横断して展開するユーザー参加型のゲームだ。新手法採用の背景には、自動車販売のマーケティングに対するトヨタの強い危機感があった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>