人口減少に伴い中長期的には縮小が避けられない国内市場。その中で企業が成長を続けるにはシェア拡大の一手が必須だ。住宅メーカー大手の大和ハウス工業は、シェア拡大を狙う新コンセプトの戦略商品のプロモーションに、「Twitter連動ネット生ドラマ」という“奇手”を打ってきた。その裏には、従来型のプロモーションを続けることへの危機意識がある。