中国・上海で最も認知度が高い日本企業はキヤノン(中国名は「佳能」)との調査データがある。現地法人による広告宣伝活動の成果ではあるが、ブランドの歴史、重みを伝えるには日本本社の協力も不可欠だ。キヤノンは中国法人の要請に応えて、ネット上の仮想博物館「キヤノンカメラミュージアム」中国語版を通常の4分の1の期間で制作。公開早々人気を集め、ブランド価値向上に一役買っている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>