「成長のポイントは中国を中心とした中華圏になる」とコーセー国際事業部営業部長の越智寿氏は語る。百貨店、化粧品専門店を中心に、201年までに1000店舗の展開を目指すが、それだけではカバーしきれないのが国土の広い中国だ。そこで着目したのがECだった。