日本郵政グループの郵便事業会社(日本郵便)が2月、米国、カナダ、英国、オーストラリアなど英語圏4カ国と韓国に向けたEC(電子商取引)モール事業を開始することが本誌取材で明らかになった。日本郵便の国内事業は縮小傾向が続いており、経営的に苦境に陥っている。海外向けECモールを自社で手掛けることで、そこに生じる国際配送ビジネスの需要を喚起するのが狙いだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>