ヤフーと米グーグルの検索エンジン事業の提携実現で、SEO(検索エンジン最適化)競争は激化している。その中でアクセス数を確保するには、検索回数が多く人気の「ビッグワード」1語に頼るのはリスクが高い。検索回数が少なくとも上位表示しやすい「スモールワード」で多数の上位表示を実現することが得策だ。1本の矢ではもろいが、3本の矢が束になれば強くなる。「三本の矢」作戦がSEOの新常識だ。その理由を、検索順位の急落から復活した企業の事例から探る。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>