昨年12月の発売からまだ日は浅いが、既に発行部数4万5000部を数える書籍『SHARE』。かつての隣近所の物々交換が、ソーシャルネットワークというパワーを得て、“ネット上での顔見知り”という信頼関係によるシェアへと変貌する可能性を説いている。本誌はこの胎動を、モノ、情報の共有・交換サービスに分類し、それぞれにおける企業のマーケティング戦略を紹介する。そこにFacebook時代の消費スタイルが垣間見える。