最初の活用目的は、既存のサービスの利便性向上だ。本特集の冒頭で紹介した、AIRDOはまさしく既存の搭乗サービスをLINEで実現して利便性を向上させた一社である。北海道と首都圏を結ぶ航空路線にLCC(格安航空会社)の参入が相次ぐ中、AIRDOは価格以外の他社との差異化を迫られた。