バナー広告を含めネット広告を出稿した経験はほぼない。FacebookやTwitterといったSNSの公式アカウントも開設していない。これまでテレビCMなど「マス」中心のマーケティングを進めてきた出光興産が2016年、デジタルマーケティングに大きくシフトする方針を固めている。決断のきっかけはブランディングを目的に制作した2本のYouTube動画広告だ。2015年9月3~30日まで4週間にわたりシンガポールやベトナムなどアジア4カ国を対象に、合計300万リーチの規模で出稿した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>