オイシックスの奥谷孝司COCO(最高オムニチャネル責任者)による新連載のテーマは「エンゲージメント・コマース」。第1回は、ネットとリアルとを融合して顧客と強いつながり、きずなをつくることの重要性について考える。オムニチャネルという言葉をよく目にするようになった。私のようなデジタルマーケティングにかかわる人間には数年前から聞きなれたバズワードではあるが、消費者の目にそのサービスの全容が明らかになってきたのはつい最近のことだろう。セブン&アイ・ホールディングスを筆頭に、多くの流通小売業でオムニチャネル戦略の立案、構築、実行が声高に叫ばれ、それがようやく形になりつつある。私の新天地における役職に(恥ずかしながら)チーフ・オムニチャネル・オフィサー(COCO)という冠が付いたのも、この流れと無縁ではない。