資生堂は2016年に、7年ぶりに商品ラインアップをリニューアルした男性化粧品「UNO(ウーノ)」のブランディングを目的にネット動画広告を配信。複数のクリエイティブを同時期に流して消費者の反応を確かめる「ABテスト」を実施し、広告効果を高めることに成功した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>