大手流通企業を中心に、リアル店舗とネットを結びつけて新しい売り方を模索する「オムニチャネル」という概念が浸透した。オムニチャネルを推進する上では在庫情報や会員データの統合や、店舗情報を発信するためのアプリ開発など、システムへの投資が必要となる。また、推進する人材も必要だ。そのため、中堅中小企業にとっては未だ対応へのハードルが高いのではなかろうか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>