水産大手の日本水産が台湾でのネット通販事業を加速させている。同社は越境EC(電子商取引)を活用した試験販売を経て、昨年4月に台湾向けの商品を開発。現地に拠点は持たないながらも、台湾向けの自社サイトを開設して本格参入した。