プレスリリース配信サービス大手のPR TIMESが、自社サイトを消費者向けのニュースメディアに育成すべく、本腰を入れ始めた。企業発のプレスリリースは自社サイトにも掲載しているが、「当社のサイトに立ち寄り、リリースをニュースの1次ソースとして閲覧する一般消費者が増えてきた」(PR TIMES執行役員の三島映拓氏)ことが背景にある。