マス広告を主体としたブランディング施策と、会員登録や購買といった直接コンバージョンを狙う運用型のネット広告は、目的が異なるため担当部門が全く異なる。クリエイティブの制作も、それぞれの部門が独自で行うことが多い。こうした企業は少なくないだろう。就職支援事業のリクルートキャリアも、かつてはそうした組織体制の下で広告を出稿していた。