マス広告を主体としたブランディング施策と、会員登録や購買といった直接コンバージョンを狙う運用型のネット広告は、目的が異なるため担当部門が全く異なる。クリエイティブの制作も、それぞれの部門が独自で行うことが多い。こうした企業は少なくないだろう。就職支援事業のリクルートキャリアも、かつてはそうした組織体制の下で広告を出稿していた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>