OA機器や通信回線などの卸売り販売を主力とする光通信が、米国からインターンを募集するために制作したネット動画広告で、予想以上の成果を上げた。今年3月から約1カ月間、「YouTube」のTrueview広告を使って、米国内で2種類のネット動画広告を配信したところ、期間中の米国での「Hikari Tsushin」の検索数が、配信前に比べて約27倍に急増。