京都と大阪を結ぶ京阪電気鉄道などを傘下に抱える京阪ホールディングスが、データを活用したマーケティングに積極的に取り組み始めている。鉄道事業を中心に据えてビジネスを展開してきたが、人口減が進展する中、鉄道事業に頼っていては長期の展望は描けない。そこで、流通や不動産、レジャーなどを担う、鉄道事業以外のグループ会社でデータを活用したマーケティングを推進し、グループ全体の収益力を引き上げることを狙っている。