旅行ガイドブックや地図を主力とする出版大手の昭文社が、画像などのデジタルコンテンツを蓄積・管理するデジタル資産管理(DAM)システムを、今年6月から本格的に導入した。出版物に使われる画像をDAMで管理し、自社のWebサイトやソーシャルメディア、スマートフォン向けアプリなどに迅速に活用し、マーケティングを強化して出版物の売り上げ増を図るのが狙いだ。