①「ギリギリ」「スレスレ」の線を狙うほど動画の再生回数が増える ②SNSの普及で不寛容社会になって広告表現がつまらなくなった ③女性が広告制作現場にいれば炎上するような作品は防げる──。そんな考え方が、動画広告炎上の引き金になっているように映る。本特集では、こうした思い込みに反証を提示した上で、ユーザーに支持される動画広告のあり方について考察したい。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>