楽天はスマートフォン向けのクレジットカード決済端末「楽天スマートペイ」加盟店の開拓に、Facebook広告の新たなサービスを導入した。成果を見ながら随時クリエイティブに手を加えるなど、きめ細やかな運用を実施。その結果、見込み客の獲得数は従来のFacebook広告と比べて47%増加した。また、プラットフォームが異なるため単純比較はできないが、DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)経由で出稿した広告と比較した場合の見込み客の獲得単価は4分の1になり、大幅に減少させることに成功した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>