りそな銀行が、データ解析事業を主に手掛けるFRONTEOが独自開発したAI(人工知能)「KIBIT」を、顧客へのマーケティングに活用する取り組みを始めた。行内でAIを活用できそうな施策を10個選び、7月からプロジェクトとして実用化の検証に取り組んでいる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>