福岡市は「LINE公式アカウント」と「LINEビジネスコネクト」を活用。生活に密着した情報を、必要としている人に届ける仕組みを開発。住みやすい街づくりに生かしている。