ヤッホーブルーイングの看板商品「よなよなエール」は、家庭で飲める手頃な本格エールビールとして多くのファンを持つ。1990年代の地ビールブームに乗って成功したが、その後はビール市場の縮小とともに売り上げも低迷。企業として窮地に立たされたが、新手のマーケティングで顧客の心をつかみ、現在では楽天市場でベストセラーになるほどの人気を誇る。