ディノス・セシールは2013年7月に、フジテレビ系のカタログ通販会社ディノスと、独立系カタログ通販会社のセシールが合併して誕生した。しかし近年、両社ともリスティング広告のコンバージョン率(CVR)が低下。背景にあるのが、スマートフォンの普及だ。「スマホのCVRはパソコンの半分以下の0.6%。ディノス・セシールのメーンターゲットは40~50代だが、この年代の利用デバイス別シェアも、既にスマホがパソコンを超えている。