「事故で武蔵小杉駅はかなり混雑しているようだ。JRに乗り換えず、遠回りだが横浜駅に戻り、JRか京浜急行線で都心に向かおう」。事故の時だけでなく、いろいろなケースで経路の検討に活用できるのが、東京急行電鉄のスマートフォン向けアプリ「東急線アプリ」だ。今年3月から「駅視-vision(エキシビジョン)」というコンテンツを導入し、駅構内の混雑状況を画像で配信している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>