通販専門化粧品ブランド「米肌」を展開するコーセープロビジョン(東京都中央区)は、顧客との接触回数の増加を狙い、マーケティングオートメーション(MA)ツールの活用を始めた。これまで個別に実施していた、メールマーケティングやネット広告の活用、そして無料通話・メールアプリ「LINE」のアカウントでの情報発信を、MAツールで統合的に実施する。取り組みの最大の目的は、LTV(顧客生涯価値)の向上だ。