今や米Amazonの企業価値(時価総額)は、米国の他の主要流通企業を足し合わせたものよりも大きい。日本のセブン&アイ、ファーストリテイリング、三越伊勢丹など主要6社を足し合わせた額と比較しても、その3倍以上になっている。Amazonは金融からクラウドサービスまでさまざまな分野に進出し始めているが、本業と言えるEC(電子商取引)の物流については「ラスト・ワン・マイル」の部分で、老舗流通WalMartとの一騎打ちが始まっている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>