火種は小さいうちに消し止めたいが、炎上や抗議にさらされるのは必ずしも自社に致命的な落ち度があるときばかりではない。過去にCM・プロモーションが問題になった事例をみると、すぐに謝った方がよいものから、突っぱねてもよかったのではないかと感じるものまでさまざま。炎上の初期段階で適切に判断するのは容易ではない。サイボウズが3回にわたって展開した、共働き家族のワークスタイルを主題とするブランディングムービー。その2回目は、初回と一転して厳しい声が寄せられた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>