日本有数の温泉街である箱根で7軒の温泉旅館を運営する一の湯(神奈川県足柄下郡)が、3月9日に公式サイトをリニューアルし、AI(人工知能)を活用してよくある質問に対応するFAQシステムを導入した。訪日観光客の急増に対応するため、日本語と英語の2つの言語に対応しているのが特徴だ。