検索連動型広告、DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)を通じたディスプレイ広告、SNS各社の提供する広告サービス──。こうした広告サービスは運用型広告と呼ばれる。より効率的に顧客の獲得や、ターゲット層にリーチするために、リアルタイムに広告の効果測定をしながら、データに基づいてオーディエンスや広告枠を買い付けていくといった運用が、効果を高める上で肝になるからだ。しかし、アドテクノロジーの発達などにより、運用は複雑化が進む。そのため、ネット専業の広告代理店などに運用を委託している広告主が多いだろう。だが、こうした広告運用をインハウス化しようという大手広告主企業が、国内でも現れた。全日本空輸(ANA)グループだ。