レコメンドよりも、さらに高度なシステムを自社開発しつつあるのが、トヨタ自動車だ。同社は昨年から、DMPの自社開発を進めている。DMPは広告分野から登場したサービスのため、現状、その多くはDSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)を利用してディスプレイ広告を配信する際の、ターゲットのセグメント作りという用途から脱却できていない。だが、トヨタが求めたのは、データを統合的に管理し、そのデータに基づいてさまざまなマーケティング施策を実行するためのプラットフォームだ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。