レコメンドよりも、さらに高度なシステムを自社開発しつつあるのが、トヨタ自動車だ。同社は昨年から、DMPの自社開発を進めている。DMPは広告分野から登場したサービスのため、現状、その多くはDSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)を利用してディスプレイ広告を配信する際の、ターゲットのセグメント作りという用途から脱却できていない。だが、トヨタが求めたのは、データを統合的に管理し、そのデータに基づいてさまざまなマーケティング施策を実行するためのプラットフォームだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>